9/18 ライブ「音にひたり、たゆたう」

ライブ「音にひたり、たゆたう」

今年のゼロダテライブは、『落ちる散る満ちる』リリースに合わせた全国ツアー中の松本一哉を迎えて、初のインストゥルメンタルライブ。佐伯モリヤスによるインド・アフリカ打楽器の癒し・大地の音、高坂翔による心の琴線に触れてくるギターの震え、そして松本の音が広がり満ちていく新感覚の体験。広い工場跡地の中に響きわたる音に浸り、揺蕩う体験をお見逃しなく!

日時:9月18日(月・祝) 15:00〜17:30
会場:獅子ヶ森特設サイト
チケット:前売り1,500円 / 当日2,000円 チケット問い合わせ
    乳幼児・小学生・中学生・障がいのある人とその支援者の方は無料、高校生は1000円引き

出演:松本一哉、佐伯モリヤス、高坂 翔

関連イベント 松本一哉ワークショップ

 

プロフィール

佐伯モリヤス

音楽家。島根県出身。大館市在住。全国で演奏・啓蒙活動。4歳よりエレクトーンを始める。財団法人ヤマハ音楽院卒業。東京各地で演奏業務に携わり、ピアノとドラムスを担当。アフリカ大陸モロッコに音楽修行で2年半滞在した経験を持つ。2012年 「エジプト考古学者 吉村作治の古代エジプト・秋田祭り」の各地でエジプト太鼓演奏。2013年 パシフィコ横浜「ヨガフェスタ2013」でインド太鼓演奏。2014年 国民文化祭・あきた 秋田県教育庁企画「JOMON ART フェスタ」に選抜出演。2015年 CD『タンジェの外国人』発売。2016年 書籍『色彩とリズムの王国モロッコ』発売。フィンガードラム・リズム研究所主宰。ハモンドオルガン演奏。アラブ打楽器ダルブカ教則本、各種打楽器教則本、ピアノ楽譜などを著す。秋田魁新報社の特集『秋田で輝くミュージシャン』4人に選ばれインタビュー記事を掲載。AKT秋田テレビ、ABS秋田放送ラジオ・テレビ、FM秋田に出演。県外メディアにも出演。縄文遺跡各地イベントで壺打楽器演奏にも定評がある。音楽療法フェスティバルにも出演・楽器解説している。代表曲に靴のひとり言、エッサウィラの青い舟、ナイルの肥沃な大地、夕日への滑走など。日本音楽著作権協会JASRAC準会員  http://fingerdrum.net

高坂 翔

2007年から、ユニットtakoによる音源制作や秋田県内外でのライヴ活動を経て、現在ソロ活動中。聴く人に寄り添うような楽曲作りを目指し、活動。iTunesととAmazon Musicにて、自主制作アルバム「言葉に花、羊に羽。」を配信中。

 

 

 

松本一哉

東京を拠点に活動している石川県金沢出身の音楽家・打楽器奏者。波紋音・音のかけら・三昧琴などの音の鳴る造形物を使用。音階や旋律ではなく音の響きそのものに着目し、自然の中での演奏・録音からドキュメンタルな作品作りを行うなど、独自の音楽活動を展開。自身の演奏と環境音とを繋げていき、空間全体を聴く事で表現する即興音楽は、打楽器奏者の枠を超えより自由に空間の成り立ちを提示できる数少ないアーティストとして様々な分野から高い評価を受けている。http://www.horhythm.com/

 


波紋音(はもん)
鉄製の打楽器・波紋音は、古くからあるものではなく、現代の彫刻家、斎藤鉄平さんが水琴窟の音に触発され、創作したものです。鉄を鍛金で丸くし、打面に溶断でスリットが入れられていますので、一つの波紋音からいくつもの音が出る仕掛けになっています。ごくシンプルな構造でありながら見た目の印象とは違い、驚くほど様々な音の表情を見せてくれます。鉄とは思えない独特の柔らかい響きや波動を、是非この機会に間近で体感してみてください。

松本一哉 演奏動画 https://youtu.be/o7Sk9HL6MP4

Leave a Reply