石井 言絵

  • 生まれ: 1983
  • 現在の在住: オーストラリア

秋田県五城目町出身。
2001年に渡豪し、2004年にビクトリア州メルボルン市にあるVictorianCollege of the Arts写真科(Bachelor)に入学。2007年、同大学の優良過程(Honours)にすすみ、2010年に2年間の研究期間を経て修士号(Masterof Fine Art)を取得。
メルボルン市内のギャラリーやスクリーンで展示活動中。写真、ビデオを中心にそれらを組み合わせたインスタレーションを制作。ビデオ作品ではパフォーマンス的な要素が強く、グループ展やソロ展で展示する。
主なギャラリーに、メルボルン内ではCentrefor Contemporary Photography、Bus Gallery、The library Artspace、c3Contemporary、Blindside、Lindberg Contemporary、Shifted、TrocaderoArtspace、メキシコのMuseo de la Cludad de Léon、秋田ではGallerieTURMなどがある。最近ではフリンダース・ストリート駅前フェデレーション・スクエアの大スクリーンでの展示GertrudeStreetプロジェクション・フェスティバルなどに参加。

「Sprouts」
新芽は身体の中に鎮圧された「なにか」の解放と発見を意味している。カメラの前で「わたし」を露出することによって、わたしは自分を客観化でき、その結果、わたしの身体のイメージは自分とは別に存在する事実を発見する。自分自身の身体(のイメージ)と距離を置くことで、女性体やそれが持つ女らしさがわたしにとって他人のようで、好奇心に満ち溢れるのと同時に嫌気をも彷彿とさせるのである。






出身地