アーティスト・イン・ファミリー(AIF)事業

ゼロダテでは、活動初期よりアーティストが街に滞在しながら制作活動などを行うアーティストインレジデンス(以下、AIR)を行っています。2015年からは、施設を整えて本格的に事業を展開し始めました。これまでの利用者は、国内のアーティストやアート関係者がほとんどですが、国外からのアーティストは2016年に2名、2017年に1名が滞在しています。
2018年、ゼロダテでは地域の特色ある文化を体験しフィールドワークする力を持った国際的に活躍する海外芸術家を招聘することになりました。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国境を越えたグローバルな交流が加速する今日、市民や若手アーティストに刺激を与え、また国内アーティストの国際化を促進し、海外との地域間交流を生み出していくことを目指し事業を展開していきます。

AIRからAIF(レジデンスからファミリー)にすることで地域コミュニティへの関係性を深め、アーティストが地域の暮らしやコミュニティを直に体験し、ホストがアーティストの芸術表現や異文化を身近で体験し地域に還元する。そういった新たなモデルを実践しながらAIR事業単体で自立できる体制の構築に向けて、海外特定地域や団体との連携を強め、文化芸術や地域文化の交流を双方向に発信していきます。

■事業名 地域コミュニティとAIR事業の連携モデル事業「アーティスト・イン・ファミリー(AIF)」
■海外レジデンス提携先 英国エディンバラ芸術大学MFA Art, Space and Nature
■滞在期間 2018年10月1日から30日(予定)
■受け入れ施設 ゼロダテアートセンター、ホストファミリーレジデンス(※募集中)
■主催 特定非営利活動法人アートNPOゼロダテ
■助成 文化庁アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業

■内容
・〈海外アーティスト2名の招聘プログラム〉
・〈成果発表展示〉招聘した海外アーティスト2名の成果発表展示を実施。
・〈交流・人材育成プログラム〉アーティストトークやワークショップなど地域住民や若手アーティストなどが対象。AIRプログラム理解促進に向けたレクチャーなどを実施。

*ホストファミリーの募集についてはこちらから

■招聘アーティスト
6ec78c4a2c704806a158ce6be3ba3037_6.jpg

Russell Beard / ラッセル バード 環境アーティスト・映像作家
エディンバラ芸術大学 ASNプログラムディレクター Donald Urquhart 氏 推薦作家

1978年 インドネシア生まれ / 英国エディンバラ在住
英国シェフィールド大学で、自然科学、エコロジー、環境デザインを、スティーブンソンカレッジ等で写真や映像を学んだのち、アルジャジーラ衛星チャンネル(英語版)でプロデューサーやレポーターとして映像制作に携わっている。2018年には、エディンバラ芸術大学大学院Art Space & Natureにて修士号を取得。在学中より存在論的哲学、ダークエコロジー、量子力学などが交差する作品を制作し、環境アーティストとしての活動を始めた。2012年、2013年には手がけた映像作品がForeign Press associationにてEnvironment Story of the Yearに選出。2018年には、American Film Festivalにて「Ice Stupas」がゴールドメダルを受賞。

http://www.russellbeard.com/

Alessandra.jpg

Alessandra Carosi / アレッサンドラ カロッシ アーティスト・写真家
OPEN CALL選出アーティスト/49の国・地域、98名の応募者から1名を選出

1984年 イタリア生まれ / フランス パリ在住
イタリアミラノ工科大学にてインダストリアルデザインの学士号(2006)・修士号(2011)を、2017年にヴェネツィアIuav大学の大学院にて写真の修士号を取得。近年はパリに拠点を移し、写真家のトーマス・メイラエンダーに師事している。彼女は写真表現における新しい詩的なビジョン、イメージ間の新しい対話、標準化された意味と物語への疑問などを生み出すような作品制作をしている。2018年にはSan Fedele Award for contemporary artを受賞。

http://alessandracarosi.com/