DSC01209.JPG

2016年のレジデンスアーティストとの交流イベントの様子

世界と可能性を広げよう。海外アーティストとの共同生活!

ゼロダテでは、今年10月に招聘する海外アーティストを受け入れて頂くホストファミリーを募集しています。レジデンスプログラムの詳細は、こちらのリンクからご覧ください。

ホストファミリーの対象は、海外アーティストが大館市に滞在しながら活動する間、家族の一員として迎え入れてくれる一般のご家庭です。日本の暮らしや習慣には慣れていない外国人なので、大館という地域を感じて考えるためにサポートが必要です。困っているときは助けあい、喜怒哀楽を分かち合い、この機会にぜひとも交流を深めてくれたらと思います。

ホストファミリーになることで、家族の知らなかった一面を発見したり、家庭について見直したりする機会にもなるかもしれません。ホストファミリーになってアーティストと楽しい思い出をつくりましょう!

海外アーティストと交流したい方、英語が得意な方、海外から秋田に移住した方、海外で居住経験のある方など少しでも興味のある方はお問い合わせください。

【条件】
・家族全員の同意を得ていること
・アーティストの部屋(個室)があること
・可能であれば、インターネット環境が整っていること

【受け入れ期間】
・2018年10月1日から30日の間で、数日や1~2週間など、受け入れ期間は調整できます

【謝礼】
・アーティスト1名につき1日3000円を滞在費として支払います
 *光熱水費・クリーニング・食費などをご負担いただきます

【締切】
・2018年9月24日(月) 締切を延長しました。お問い合わせください!

プログラム詳細

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人アートNPOゼロダテ(担当:松渕)
〒017-0841 秋田県大館市大町9 ゼロダテアートセンター
TEL:050-3332-3819 Email:webinfo(at)zero-date.org *(at)を@に変換してください
問い合わせフォーム

ゼロダテでは、活動初期よりアーティストが街に滞在しながら制作活動などを行うアーティストインレジデンス(以下、AIR)を行っています。2015年からは、施設を整えて本格的に事業を展開し始めました。これまでの利用者は、国内のアーティストやアート関係者がほとんどですが、国外からのアーティストは2016年に2名、2017年に1名が滞在しています。
2018年、ゼロダテでは地域の特色ある文化を体験しフィールドワークする力を持った国際的に活躍する海外芸術家を招聘することになりました。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国境を越えたグローバルな交流が加速する今日、市民や若手アーティストに刺激を与え、また国内アーティストの国際化を促進し、海外との地域間交流を生み出していくことを目指し事業を展開していきます。

AIRからAIF(レジデンスからファミリー)にすることで地域コミュニティへの関係性を深め、アーティストが地域の暮らしやコミュニティを直に体験し、ホストがアーティストの芸術表現や異文化を身近で体験し地域に還元する。そういった新たなモデルを実践しながらAIR事業単体で自立できる体制の構築に向けて、海外特定地域や団体との連携を強め、文化芸術や地域文化の交流を双方向に発信していきます。

■事業名 地域コミュニティとAIR事業の連携モデル事業「アーティスト・イン・ファミリー(AIF)」
■海外レジデンス提携先 英国エディンバラ芸術大学MFA Art, Space and Nature
■滞在期間 2018年10月1日から30日(予定)
■受け入れ施設 ゼロダテアートセンター、ホストファミリーレジデンス(※募集中)
■主催 特定非営利活動法人アートNPOゼロダテ
■助成 文化庁アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業

■内容
・〈海外アーティスト2名の招聘プログラム〉
・〈成果発表展示〉招聘した海外アーティスト2名の成果発表展示を実施。
・〈交流・人材育成プログラム〉アーティストトークやワークショップなど地域住民や若手アーティストなどが対象。AIRプログラム理解促進に向けたレクチャーなどを実施。

*ホストファミリーの募集についてはこちらから

■招聘アーティスト
6ec78c4a2c704806a158ce6be3ba3037_6.jpg

Russell Beard / ラッセル バード 環境アーティスト・映像作家
エディンバラ芸術大学 ASNプログラムディレクター Donald Urquhart 氏 推薦作家

1978年 インドネシア生まれ / 英国エディンバラ在住
英国シェフィールド大学で、自然科学、エコロジー、環境デザインを、スティーブンソンカレッジ等で写真や映像を学んだのち、アルジャジーラ衛星チャンネル(英語版)でプロデューサーやレポーターとして映像制作に携わっている。2018年には、エディンバラ芸術大学大学院Art Space & Natureにて修士号を取得。在学中より存在論的哲学、ダークエコロジー、量子力学などが交差する作品を制作し、環境アーティストとしての活動を始めた。2012年、2013年には手がけた映像作品がForeign Press associationにてEnvironment Story of the Yearに選出。2018年には、American Film Festivalにて「Ice Stupas」がゴールドメダルを受賞。

http://www.russellbeard.com/

Alessandra.jpg

Alessandra Carosi / アレッサンドラ カロッシ アーティスト・写真家
OPEN CALL選出アーティスト/49の国・地域、98名の応募者から1名を選出

1984年 イタリア生まれ / フランス パリ在住
イタリアミラノ工科大学にてインダストリアルデザインの学士号(2006)・修士号(2011)を、2017年にヴェネツィアIuav大学の大学院にて写真の修士号を取得。近年はパリに拠点を移し、写真家のトーマス・メイラエンダーに師事している。彼女は写真表現における新しい詩的なビジョン、イメージ間の新しい対話、標準化された意味と物語への疑問などを生み出すような作品制作をしている。2018年にはSan Fedele Award for contemporary artを受賞。

http://alessandracarosi.com/

00_表紙.png

【秋田犬のの 2018年卓上カレンダー】
仕様:限定110部/2018年1〜12月/174×98mm/月毎の横長カードが12枚/
   活版印刷カレンダーとスクエア写真入り/木製スタンドつき/
   写真とカレンダーは切り離してカードになります
発売日:2018年1月10日(水)
金額:¥1800(税別)

nono_calender2.png

■販売場所
 ①ゼロダテアートセンター(ZAC) 秋田県大館市字大町9
 ②3331 CUBE shop&gallery  東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 1階

■通信販売 ※送料別(国内はゆうメールにて発送:100円、海外は別途)
 ③メール 受付アドレス:nono(@)zero-date.org ※ (@)→@に変換して下さい
 ④電話受付 050-3332-3819

■通信販売支払い方法
・銀行振込
 振込口座は、メール受付後の返信メールでお知らせいたします。

 ご注文の際に、以下の情報を明記してお申し込みください。
 ①お申込者名、②住所、③電話番号、④申込数
  ※メールでお申し込みの方は、メールアドレスも明記してください。
  ※振込人名義がお申込者名と違う際は明記してください(振込人名義で入金を確認します)。

poster2017.jpg

【ゼロダテ少年芸術学校2017】
秋田県大館市を拠点に、11年目の活動を迎えたゼロダテアートプロジェクト。
今年は、大館市郊外獅子ヶ森の工場跡地をメイン会場に、少年の心をもってワクワク遊ぶ体験プログラムを展開します。各プログラムは学校では学べない、文化的で創造性に富んだもので、専門家によるプログラムは子供だけでなく大人も体験できます。また、本プロジェクトでは障がいのある方やその支援者が参加しやすいバリアフリーのプロジェクトを目指しています。
純粋に好きなことや関心があることにがむしゃらに取り組む瞬間を体験しましょう!

ゼロダテ少年芸術学校2017
http://www.zero-date.org/2017/

会期:2017年9月16日(土)〜18日(月・祝)
会場:獅子が森特設サイト(木工家具工場跡地)
   ゼロダテアートセンター、本多食堂跡地
   御成座(映画上映)

「少年の心をもってワクワク学ぶアートな体験!」ということで、子供や親子で楽しめる体験プログラムを3日間に凝縮しました。学校や地方ではなかなかできない文化的・創造的な体験プログラムがてんこ盛りです。
また、秋田県内の障がいのあるアーティストの展示「ポコラート アキタ美術展」や関連イベントを実施するほか、ワークショップでは障がいのある人の割引などもあります。

美術/音楽/映画/写真/木工/ダンス/ヨガ/コーヒー/スイーツ/きりたんぽ/スムージー/BBQ/ラジコン/ドローン/ライブ/トーク/ドッグラン/プロジェクトスクール

みなさまのご来場をお待ちしております。

2017年 年賀状

2017年の年賀状は、アートNPOゼロダテの正会員とスタッフが集まり、2016年に制作されたアート作品と共に撮影しました。「HEARTBEAT HOUSE(Heartbeat-Portlait in Odate 2016)」は、アーティストのSASAKIが参加者の鼓動のリズムを聞きながら、それぞれの窓に1人または友人同士や家族の鼓動を描いた作品です。全体で41人、約3時間分にも及ぶ鼓動が描かれた空間全体を一般公開しております。鑑賞希望の方はゼロダテアートセンターまでお問い合わせください。


nenga2017.jpg

nengaura2.jpg


IMGP6849.JPG


皆さんは障害のある人の芸術活動による作品を実際に見た事がありますか?
障害のある人が制作活動をしていても、誰かが世の中と接点を作らなければどんなに良い作品もずっと埋もれ続けてしまいます。
私達が活動拠点とする県北地区を見ると、今まで障害のある人の芸術活動を支援する専門的な団体はありませんでした。また作り手(障害のある人)と鑑賞者となる受け手の仲介者が不足しているため、一般の市民が障害のある人の芸術活動に関して認知する機会が少ないことも問題として捉えています。
この様な秋田県の抱える現状を改善していきたいという思いで、私達は「ポコラートアキタ」を立ち上げることに致しました。今まで埋もれていた才能を発掘し、ネットワークを作り一般の市民の方の目に届けていきます。また障害のある人、ご家族や支援者の方々等にも、芸術活動支援を通して寄り添っていきたいと考えております。

【施設について】
•障害のある人の芸術活動を支援するためのスペースとして活用していきます。
(障害のある人の芸術活動に関してのワークショップ、シンポジウム、展覧会等)
•地域の特別支援学校や支援団体そして個人とのネットワークづくりの為の拠点として活用していきます。
•商店街アーケードに面した立地で、障害のある人とアーティスト、市民の交流を促進します。


【はたらき】
■障害のある人の芸術活動支援についての相談窓口
身近にいる障害のある人が制作したものについての扱いや、その価値等についてわからないことや、少しでもお悩みの方などが、お気軽にご相談できる窓口です。また、お気持ちはあるけれど支援の方法がわからない、といったこと等にもご相談できればと思います。

■地域調査及びネットワーク作り
障害のある人の芸術活動支援のネットワークを構築していきます。障害のあるご本人及び支援者の方、支援団体等との連携を構築、強化していき障害者の芸術活動における、よりよい環境作りを目指します。
障害をもちながらなんらかの制作を続けているが発表の機会がない。また地域の支援団体等を知りたい。障者のある人の芸術活動支援の展覧会を開きたいが、作家の情報を知りたい。といった方々のニーズを繋げられるネットワークを目指します。

■障害のある人の芸術活動を支援する人材育成プログラムの実施
•著作権等の権利保護に関する研修会
•障害のある人の芸術活動支援方法に関する研修会
•障害のある人や支援者を対象にしたアーティストによる制作ワークショップ

主催:特定非営利活動法人アートNPOゼロダテ
厚生労働省「平成28 年度障害者の芸術活動支援モデル事業」


【お問い合わせ】
住所 秋田県大館市字大町9ゼロダテアートセンター内
TEL•FAX 050-3332-3819
email info@zero-date.org

akitainu_forum.png

アートNPOゼロダテ理事長の中村政人が、下記イベントに登壇しますので、お知らせいたします。


秋田犬フォーラム ~ハチ公を探して

日程:2016年4月9日(土)
時間:13:00~16:30(12:30開場)
会場:国際教養大学 D棟コベルコホール(レクチャーホール)
定員:300名
主催:読売新聞秋田支局 秋田県読売会

詳細・申込みは下記チラシPDFをご覧ください
http://www.akita-kenmin.jp/docs/2016031100082/files/akitainu.pdf

読売新聞 連載記事 ハチ公を探して
http://www.yomiuri.co.jp/local/akita/feature/CO015831/

2016年 年賀状

zerodate_nenga2016_f.jpg

zerodate_nenga2016_b.jpg

gallery.png

この度、2008年よりコミュニティスペースとして運営しておりましたゼロダテアートセンターの内装を一新しまして、今春より【多目的ギャラリーとしてリニューアル】いたしました。

40㎡ほどの小さなスペースですが、展示やイベントなど様々な用途に使用でき、大館近郊には無いホワイトキューブとなっております。ギャラリーの奥にはオフィス、2Fにはワーキングスペースを設け、アーティストの滞在制作や地域の方の企画相談、学校教育のプログラムサポートなども行っていきます。

また、ゼロダテで飼育している「秋田犬のの」もゼロダテアートセンターに常駐し、あいにいける秋田犬として、また大館の観光情報発信などでスタッフの一員として活動しております。ゼロダテは今後もこの場所を拠点とし、クリエイティブな視点で大館という街に豊かな感性が生まれる場を展開していきます。

●多目的ギャラリースペース 概要
【施設名】ゼロダテアートセンター(ZERODATE Art Center)
【営業時間】11:00〜18:00
【定休日】月・火曜日(※火曜日は搬入可能)
【住所】秋田県大館市字大町9
【電話&FAX】050-3332-3819

【ギャラリースペースレンタル】
 ※ご利用単位は1日単位での貸し出しとなります。価格は全て税別。
●1日(11:00〜18:00) 平日:3,700円/土日祝:4,700円

☆ 割引プラン☆
● 5日間プラン(火曜日搬入+展示5日間)
 23,400円(通常価格:平日4日+土日= 24,200円)
● 週末3日間プラン(木曜搬入+展示3日間)
 16,300円(通常価格:平日2日+土日= 16,800円 )

※2週間以上〜長期 ご希望の方はご相談下さい。

【イベントスペースレンタル】(各種ライブ・講演・ワークショップ等)
●1日(11:00〜18:00) 10,000円
※料金は曜日に関わらず一律
※営業時間外の延長は前後問わず、1時間につき1,000円加算されます

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【その他設備オプション】
● 音響設備一式(ミキサー、マイク、スタンド、スピーカー、各種ケーブル他)
ライブセット:一式5,000円/トーク用簡易セット:2,000円(ミニスピーカー1・マイク2本・ケーブル)

【機材種類】----------------------------------------------------------------------------------
ミキサー:BEHRINGER X2222USB(16ch)
スピーカー:(大2)BEHRINGER EUROLIVE B215D 550w 15インチウフーァー/(小2)BEHRINGER EUROLIVE B208D 200w 8インチウーファー
ミキサー付きスピーカー:(小1)BEHRINGER EUROLIVE B205D 150W
マイク:SHURE 58(3本)/BEHRINGER (3本)/seide pro-30/AUDIX f6(1本/バスドラム用)
スタンド:マイクスタンド(3本)/卓上マイクスタンド(3本)/スピーカースタンド(2本)
※ライブセット(一例) 
th_音響機材ライブセット.jpg

※トーク用簡易セット(一例)
th_音響機材トークセット.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
● プロジェクター(機種:benq MX710/711) 1日:1,000円
● サポートスタッフ(音響セッティング、受付、物販等) 1時間:1.000円/1日 8,500円
● 駐車場  2台まで無料(関係者専用)
● キッチン設備(給湯、コップ、食器類) 無料 (※お茶菓子はご準備下さい)
【ドリンク・フード販売】 ※応相談
【フライヤー、ポスター作成】デザイン/発注/納品 ※応相談

【収容可能人数】 椅子席:約40席/スタンディング:約40〜50名(※会場レイアウトにより変動します)
※展示場広さ/約40㎡ 天井高さ/3500mm

【PR・広報】
インターネット、HP、SNSを通じての周知  無料

【対象】
市内アーティスト、絵画教室等団体や市内企業、市内各学校、県内アーティストなど(※アーティスト・イン・レジデンスは別枠)


【事業実績・交流】
ゼロダテアートプロジェクトとして2007年より街の商店街店舗や空き店舗を活用し、美術展を開催してきた8年に及ぶ活動の経験をもとに地域とのつながり、公益性のある幅広いプログラム、これまでゼロダテに参加してきた全国とのアーティストとの交流によって培ったコーディネート力を発揮。
ゼロダテ代表であり東京藝術大学准教授の中村政人が東京で立ち上げた3331 Arts Chiyodaとの交流が、東京都秋田のパイプを生み、大館発の文化的情報発信につながります。地元アーティストにも活動の幅を広げられるチャンスとなりえる他、子供たちや学生への文化芸術への関心を高めることができ、さらには地元を離れ県外に出て行った若いアーティストが故郷での表現の場を得ることができます。


お問い合わせ

top_no.jpg

ゼロダテが活動開始以来、目指してきた百貨店「正札竹村」の建物と跡地の再生。
140年以上、大館の商業と文化の中心だったこの場所は、現在の大館市政の方針のもと、今まさに解体されて更地になろうとしています。
この場所だからこそ、できることがある。
そのためにゼロダテは、旧正札竹村を利活用した「正札コミュニティ・アートセンター構想」を提案します。

その活動をより多くの方々に知っていただくため、ホームページを開設いたしました。

正札 NO!解体
http://shofudatakemura.zero-date.org/

facebookページ
https://www.facebook.com/shofudatakemura