2011年1月アーカイブ

shoutengai_s.jpg
PDF ダウンロード

H22年度新たな商店主育成プログラム事業 成果発表展

日時:2011年2月12日・13日 10:00~18:00
会場:ゼロダテ アートセンター(ZAC)
●両日とも会場周辺では冬の風物詩「大館アメッコ市」が開催されます。合わせてお楽しみ下さい。


ねむっていた商品、地域資源とのあたらしい出会い
秋田県内の若手クリエーターと大館市内の商店が連携し新商品開発を目指します。
そして新たな視点で、地域資源の魅力を発信するきっかけを作ります。



1.大館曲げわっぱを実用し体感する魅力を伝える仕組み

研修生:湊 哲一 注文家具屋 1977年 能代市出身 横浜市在住
講 師:佐々木悌治氏 大館曲げわっぱ体験工房 伝統工芸士

伝統工芸品「大館曲げわっぱ」の神髄に視点をおき、郷土の高品質な資源の魅力を再発見することは、新たな展開へとつながります。全国的に愛されている理由はそのままの状態で、杉のひとつひとつの木目から新しい秋田の物語を創り出します。秋田の誇りを胸に次なるステップへと進みます。


2.生産農家と協力し集いを演出するお茶のパッケージデザイン

研修生:新野敦子 本屋勤務 1986年 山形県出身 秋田市在住
    藤田美帆 糸編家 1986年潟上市出身在住
講 師:黒田栄子氏 陽気な母さんの店

生産者のお話を伺って、味わったお茶。たくさんの人と一緒に飲みたい、新しいパッケージを創り出したいという気持ちが生まれました。何度も様々な方法で試飲した「お茶」は、人が集うきっかけを作ることに結びつきました。生産者の想いをつなぎそれを形にしていきます。
*期間中は無料でお茶を振る舞います。


3.地域資源を活用しお母さんの意見からできる子どもに安心なおもちゃ

研修生:後藤 仁 デザイナー 1975年 秋田県出身 秋田市在住
    須田剛光 イラストレーター 1979年 旧河辺町(現秋田市)出身 秋田市在住
講 師:菅原真由美氏 Peek a Boo

「秋田杉」と「子ども」をテーマに、母親目線で考えたおもちゃ。子どもの五感をフルに活かすモノとは。秋田杉で作られるおもちゃは、木材需要の低迷等の問題を抱える森の現状と、こどもの教育に同時に向き合うきっかけを生み出します。未来を創るこどもたちに、木のぬくもりを感じながら安心なおもちゃで遊んでほしい。


4.なにげないけどおすすめしたい実用的な街歩きマップ

研修生:鳴海博定 1976年 大館市出身在住
講 師:松村亮氏 ゼロダテ アートセンター

何気ない日常はちょっとした工夫で豊かになります。空を見上げ、風を感じて、聴こえてくる音に耳を傾けながら、大館を歩く。すると、知っていたいつもの大館が違って見えてきます。大館に縁のある若者が見つけたモノ・ヒト・コトが詰まったマップを持って、あなたも大切な人と一緒に大館を歩いてみませんか。
*期間中は無料でマップを配布します。


講演会 2月12日 麓幸子 氏(日経WOMAN編集長)・13日 渡部浩明 氏/廣澤祐子 氏(イネガデザイン)
も同時開催します。


お問い合せ先 ゼロダテ アートセンター(ZAC) 
〒017-0841 秋田県大館市字大町9(大町バス停前)
TEL&FAX 050-3332-3819 事務局携帯:080-1692-4997


(株)全国商店街支援センターは、中小企業関係4団体(全国商工会連合会、日本商工会議所、全国中小企業団体中央会、全国商店街振興組合連合会)が地域商業の抱える諸問題を解決するために共同設立した会社です。人材育成事業や専門家による商店街支援事業などにより、商店街活性化サポートします。

中小企業庁支援事業 
主催:株式会社 全国商店街支援センター
〒104-0043 東京都中央区湊 1-6-11 八丁堀エスワンビル4階 TEL.03-6228-3061 FAX.03-6228-3062
企画・運営:一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN 協力:ゼロダテ アートセンター(ZAC)

DSC03295.JPG


第3回街歩きマップづくりワークショップ(編集会議)
日時:1月23日(日曜日)14:00~ 2時間を予定
会場:ゼロダテアートセンター(ZAC)
大館市大町9 冨士タクシー横

街歩きマップづくりワークショップのブログこちらから

お問い合わせ

ゼロダテ アートセンター(ZAC)
担当:小林 
〒017-0841 秋田県大館市字大町9 
Tel&Fax 050-3332-3819
ZAC携帯:080-1692-4997


2011_nenga02_600.jpg

 秋田県大館市と東京都千代田区の二拠点で活動を展開するゼロダテアートプロジェクトにおいて、2009、2010 の2 年間、市民から各家庭で使用されなくなった古着、古布を集めました。ゼロダテの呼びかけでワークショップを開催し、市民の方々が1.2×1.5 メートルのパッチワークバナーを作成し、160 枚以上のバナーを商店街のアーケードや大館市内に展示しました。
 本展では、市民の方の思い出と手間がかかったバナーを、アーティストの手とアイデアにより再び甦らせる企画です。また本展出品作品は秋田県大館市に滞在した作家が制作し、2010 年12 月に大館にて展示も開催しました。使い古された布を使って、市民、アーティストが協働で作りあげた作品は将来的に商品化も目指しています。
■ 出品作家 
石山拓真 澤田弦吾 藤林 悠 熊谷周三 畠山陽子 本多すなほ 田口有希 森元 嶺 奥村昂子 小坂部省吾 他

会期:2011 年1 月9 日(日)~ 1 月30 日(日)
会場:ゼロダテ アートセンター東京(3331Arts Chiyoda 2F 206a)
開廊:12:00 ~ 20:00 休:火曜日 入場無料
主催:ゼロダテ アートセンター
平成22 年度文化庁芸術団体人材育成支援事業