2012年1月アーカイブ

mabataki2.JPG

私たちは何気なく日常を過ごしていますが、過ぎ去って行く一瞬は二度と戻ってこないものだということを、昨年3.11という大きな衝撃により痛感いたしました。多くの人は、時間を大切に残しておきたいという思いから、写真を撮ったりスケッチをしたりして時間を留めようとしてきたのではないでしょうか。まばたきのように意識しない一瞬、その見えていない間にも後から思えば大切だった時が含まれているかもしれません。

「まばたきスケッチ」というタイトルには、観ている現実だけではなく、まばたきのうちに入り込んでくる私たちの想像や夢や過去をもスケッチする、という意味が込められています。
本展は3人の平面作品、映像、インスタレーションの新作により構成されます。


作家:遠藤麻衣(えんどうまい)、 大絵晃世(おおえあきよ)、佐々木紘子(ささきひろこ)
会期:2012年 1月28日(土) ~ 2月26日(日)入場無料 火曜休廊
時間:12:00~19:00(金・土のみ20:00まで延長)

会場:ゼロダテ アートセンター 東京
主催:東京芸大大学院美術研究科壁画専攻領域 壁画第一研究室
協力:3331 Arts Chiyoda ゼロダテ アートセンター 東京

オープニングパーティー
 日時:1月29日(日) 17:00~20:00 アーティストトーク:18:00~19:00
●ゲストトーク:高嶺 格(美術作家/演出家、京都造形芸術大学・映像舞台学科客員教授)
 日時:2月12日(日)17:00~19:00  ※予約優先
 会場:3331 Arts Chiyoda 地下1F ARTS FIELD TOKYO
 ゲストトークのご予約はこちらから↓
  https://sites.google.com/site/mabatakisketch/guest-talk/advance-reservation
●ミニコンサート
 日時:2月19日(日)19:00~19:30
 大絵晃世書き下ろし楽曲を披露します。歌:遠藤麻衣 Key:久保奈津実 他

展覧会ホームページ https://sites.google.com/site/mabatakisketch/

・身近なところから常に作品のアプローチをする遠藤は、自分の部屋の物が増えることに対する喜びとともに嫌悪の気持ちが存在することに着目し、そのアンビバレンスな感情を視覚化しようと試みます。

・大絵は「新宿御苑のためのレクイエム」という曲を作曲し、映像作品とライブパフォーマンスとして展開します。新宿御苑というロケーションは、作品を作る上で、"別れの場所" "無常を感じる場所" として喚起されたものです。

・佐々木は、夜の街中に灯りをともす家々に存在する物語を収集し、複数のモニターにその断片を閉じ込め、映像を用いたインス タレーションとして展開します。


本展覧会に関するお問い合わせはこちら → group.show.2012@gmail.com

20120107_824157_t.jpg

1月28日(土)19:00[OPEN 18:30]
1月29日(日)14:00[OPEN 13:30]
会場:ココラボラトリー (秋田県秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F )

出演:
 香澄(dance & choreograph)
 樋口信子(dance)
 松渕得雅(performance & installation)
 後藤仁(effect)
 サトウヨシロウ(lighting)

チケット:
 前売り ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (小学生~大学生は、¥1,500)

お問い合わせ/チケットのご購入はココラボラトリーさんまでどうぞ。
 TEL: 018-866-1559 Mail: info@cocolab.net