2011年1月アーカイブ

薪ストーブ

街歩きマップづくりも終盤に入り、掲載するお店への挨拶まわりで日々バタバタです。
毎日降り続ける白い雪と冷たい風の中、ほっとするお店へおじゃましました。

DSC03494.jpg

御成町二丁目商店街の「成田板金工業所」さま

DSC03487.jpg

2010年の3331 Arts Chiyoda プレオープン時の「ゼロダテ ショッピングセンター」でもご協力頂いたお店です。
開館記念展 第1弾「見るまえに跳べ」
詳細はこちらから

寒い時期の薪ストーブは本当に心まで温まります。
炎を見ていると心が自然に静まります。
幼稚園の頃は自宅にも薪ストーブがあって、夕食のお味噌汁を調理したり、「火」のまわりに自然に家族が集まりました。
自然な一家団らんの形が当たり前でした。今思うと趣の深い体験をしていたなと素直に思います。
成田板金工業所、店主が「薪をくべる人の個性が燃え方に表れる」とおっしゃってました。
そう言えば、あの頃、慌ただしい朝は燃え方が激しかったような。夕食後の時はゆったりと炎が揺らいでいたなとか思い出しました。
火のまわりには人が集まる。自然なフォーム。
ZACも自然に、そしてそこから次へつながっていきますように。

小林照美

大館市内の商店街「おめでとう大館鳳鳴高校」があちらこちらに貼られてました。
こちらは御成町二丁目コミニュティーサロンです。

DSC03500.JPG

本当に、おめでとうございます。

大館市内は来月12日・13日に開催される「大館アメッコ市 」の準備が着々と始まってます。

御成町二丁目商店街もアメのピンクの色が鮮やかに。

DSC03477.JPG

この箇所に2009年の夏「ゼロダテ/大館展」では、フラッグを展示しました。普段何気なく歩いていて、
街の季節の変化を感じるのも楽しいです。

DSC03476.JPG


個人的には、十年ぶりのアメッコ市。
楽しみです。

小林照美

今日は、第3回街歩きマップづくりワークショップ(編集会議)を行いました。
1回目の12月12日に実際歩いたポイントをまとめ、素案を報告したのが前回、12月29日のワークショップです。
今回は、マップのたたきを参加者の皆さまに見て頂きました。
コンセプトについて、松村さんからの再確認と説明の様子。

1.1.JPG

1.2.JPG

今回は、市内在住の鳴海さん・簾内さん・成田さん・佐藤さん・秋田市から金子さん・弘前から
太田さんが参加しました。
参加者の手土産が・・・偶然にもかさなりました。
大学ポテト」です。

今回のマップに掲載する候補店で、参加者の皆さまには、まだお伝えしていなかったのですが、
偶然にも3名が購入。このタイミングで驚きましたが、皆さんで笑顔とあまい美味しさにワークショップも
和やかな雰囲気に。自然な一体感、その共有もワークショップの楽しさです。

1.3.JPG

掲載する情報量の確認・画像・キャッチコピーについて、意見交換しました。
また、2月12日・13日のアメッコ市への成果発表会に向けて、作業分担をしそれぞれの役割を確認しました。
気づくと、大学ポテトのゼロダテマジックもあり、会話もはずみ予定時間より1時間オーバーしていました。
参加者の皆さま、ありがとうございます。
アメッコ市まで日数もわずかですが、完成までのみちのりも共有し、一つひとつ仕上げていきたいと思います。

小林照美

DSC03420.JPG

曲げわっぱのお弁当箱デビューして10日目の今日は、長いも&とんぶりをご飯のうえにのせてみました。

地域の食材「あきたこまち」と「姫竹」「しいたけ」「人参」などの煮物などをおかずにして、シンプルながらの
和食風をパシャリ。

お弁当を詰める時は楽しく、食べる時は美味しく味わいます。
秋田杉のかおりと とんぶりのコラボ。

DSC03422.JPG

曲げわっぱ体験工房で一緒にお弁当箱を作った友達が「おにぎり2個入れようかな」と
言っていたのを思い出しました。
お弁当箱を作る段階で、何を詰めていくか、お弁当作りをすぐにイメージ出来る。
楽しいから自然に発想するそれが大切なんだと感じました。友達の中での、
お弁当箱のストーリを今後共有するのも楽しみの一つです。

お弁当からひろがる、もう一つの「食」。そのキーワードから連想される生活
・春になって、街歩きマップを持ちながら、市内を散歩して、お気に入りの公園でランチタイム
・大館食品デパート・市日・朝市で旬の食材を購入して、お弁当を作る。メニューはお店の人との会話で決定。
・みんなで、My茶を持ち寄り、それぞれのお弁当に合うお茶をブレンドしてみる
・夜には、おつまみをわっぱに入れ、北鹿のお酒と楽しむ

ZACで実現したいワークショップイメージです。

ゼロダテ/大館展2010へ参加された作家さん、湊 哲一さん(能代出身)のレポート【曲げわっぱ】を読んで、
新たな気付きがありました。
地元大館の資源「秋田杉」を感じる生活。伝統工芸品「曲げわっぱ」のお弁当箱、
素材が本物だから継がれていること。
大館を誇りに思います。
木のぬくもりを感じて、何気ない今日もHAPPYです。

小林照美

北風_vol.7

北風 
   東北のアート情報誌          

がZACに届きました。

特集インタビューは 友川カズキさん
秋田県山本郡八竜村(現・三種町)出身

ご興味ある方は、ZACに北風を置いてますので、ご自由にお持ちください。(数に限りがあります。)

また、北風のスタッフでもある、藤田知里さんの個展、現在開催中です。

======================
藤田知里展 「適切な速度・2」
2011年1月4日(火)~29日(土)
10:00~18:00
会場:喫茶みむら(秋田県能代市上町8-14)
入場料:無料
お問い合わせ:喫茶みむら(tel. 0185-52-4669)
======================


発行元の「オフセンター・ダイアログ」さま、毎回の発送ありがとうございます。

小林照美

近況報告

松渕です。最近ブログが滞っていましたので、写真を交えながら報告いたします。

まずは東京から。
2011年1月11日に3331の2階に新しいギャラリーがオープンしました。
IMG_0549.jpg

nap gallery です。nap は英語で昼寝と言う意味です。
なんとディレクターの松本さんは、大学の先輩でした。その関係で大学時代の先輩がちらほら出入りしてます。というお話しをしていたら3331 B1Fの bambinart gallery にいる村上さんも大学の後輩でした。美術系ではマイナーな大学なんでこんなにいるなんて珍しいですね。

IMG_0550.JPG

ギャラリーオープン第一弾は下道基行さんの個展です。写真系のギャラリーです。本日1月15日がオープニングです。遅いアナウンスですが間に合う方は是非。ちなみにアキバタマビ21も本日がオープニングです。注目のアートグループ MIHOKANNOの展示です。

1月10日にはゼロダテ/大館展 2010の出品作家、池宮中夫さんのソロダンスがありましたので行って参りました。大館駅前でのオープニングセレモニー、ハチ公小径での独舞を披露して頂きました。

IMG_0504.JPG

ファンタスティックでした!! 池宮さんの身体が場所、インスタレーション、音楽、照明と一体となって、変化していく眼前の出来事が濃密な時間を形成して、思考を越えて意味が迫ってくるようです。って何を言っているか分からない人は是非ご覧になって下さい。一応シリーズみたいになっているようです。
詳細は→ http://blog.goo.ne.jp/nomade-s/

年始の秋田からです。
IMG_0244.jpg

秋田県鹿角市八幡平に伝わる民俗芸能の舞楽 「大日堂舞楽」 は2009年にユネスコの無形世界遺産に登録されています。1300年の歴史を持つそうです。
フリッカーに写真をアップしましたので興味のある方は是非。こちらをクリック

最後に能代から大館に向かう途中の初日の出(2日ですが)実家の近くです。

IMG_0161s.jpg

米代川を望む風景です。
遅れに遅れましたが、皆様本年も宜しくお願い致します。

松渕

陽気な母さんのお店で購入出来るお茶の一つ「ヤーコン茶」

ヤーコン茶の味と効果はこちらから

DSC03378.JPG

3分ほど蒸らすとこのような色に。

DSC03381.JPG

蒸らした後の茶の葉

DSC03384.JPG

更に美味しくする演出は、、、

yone.JPG

お気に入りの「米田食堂」の急須を見て魅かれました。同じタイプが欲しかったのですが、
金物屋さんでは赤い「かご目市松急須」のみだったので、これを買いました。(容量:1L)
ヤーコン茶も美味しく頂けます。

アメッコ市では、ZACにて「あまちゃづる茶」と「ヤーコン茶」を振舞いますので、みな様是非お越し下さいませ。

===========================
H22年度新たな商店主育成プログラム事業
成果発表会「ねむっていた商品、地域資源とのあたらしい出会い」

秋田県内の若手クリエーターと大館市内の商店が連携し新商品開発を目指します。そして新たな視点で、
地域資源の魅力を発信するきっかけを作ります。
日  時:2月12日(土)・13日(日)10時~18時
会  場:ゼロダテアートセンター(ZAC)大町バス停前 住所:大館市字大町9
内  容:街歩きマップ、お茶のパッケージ、子供のおもちゃ、曲げわっぱの商品開発成果発表会
入 場 料:無料

===========================

小林照美

1月9日に3331 Arts Chiyodaで行われた「 映画館革命」の報告です。

eigakannkakumei01.jpg

実際に新潟の高田世界館に行き岸田さんにお会いし、また下北沢トリウッドの大槻さんともお会いし、石川監督とはゼロダテで何度かお会いしていたので、トークセッションできたと言うことをとても嬉しく思いながら進めることができました。

私自身主催のコマンドNのメンバーでありながら、ゼロダテのメンバーでもあり、3331の立ち上げにも関わっていたので、その全てが一つになったこの企画はとても思いが強かったです。

eigakannkakumei02.jpg

東京の3331 Arts Chiyodaだからこそ、地方の映画館利活用のの取り組みを発信でき
また各地域の問題を同じく悩む方々と話せるというのは、本当に意味のあったことだと思います。まさしくインサイドアウトの神髄かと。

eigakannkakumei03.jpg

70人以上のお客さんの数に、この映画館の問題はかなりリアルにまさしく「今」の問題なんだなと実感しました。

ゲストの皆様と御参加いただきました方と当日のスタッフの方に感謝です!!

石山拓真


Insideout/Tokyo Project トークセッション「映画館革命」
ななチャン

第二弾:高田世界館×トリウッド&ポレポレ東中野×オナリ座「映画館革命」小さな映画館が、街を変える
映画館という空間にはどんな可能性が秘められているのか? ふたたび映画館が地域のコミュニティになりえるのか? 小規模な映画館にしかできないことはな にか? 日本最古の歴史を誇る「高田世界館」(新潟)、若手監督の登竜門的存在となり、映画界を影で支える「トリウッド」&「ポレポレ東中野」(東京)の 館長たちと、大館出身の映画監督・石川寛が『映画館+α』の方程式を紐解きます。

トークゲスト:岸田國昭(高田世界館館長)、大槻貴宏(トリウッド代表、ポレポレ東中野支配人)、石川寛(映画監督)
モデレーター:石山拓真(ゼロダテ/プロジェクトリーダー)

主催:
東京都
東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN
協賛:アーツ千代田3331

Insideout/Tokyo Project http://insideout3331.org

三連休の2日目、今日は「大館曲げわっぱ体験工房」に行ってきました。
同級生と同級生のお子さんと3人で、「丸弁当箱」にいざ!チャレンジ。

制作時間 1時間30分~2時間
料金(1セット)    3,000円・・・とてもお得です。

曲げわっぱ体験セット

DSC03360.JPG

わっぱに専用木工用のボンドを塗っていきます。まんべんなく塗ったら、本体にセット。これが難しく、上手く出来なかったので、
即、いつもお世話になっている伝統工芸士の佐々木先生にお願いを。

DSC03363.JPG

本体もふたも合わせたら、トントンとバランスよくはまるようにしてきます。

DSC03365.JPG

同級生のお子さんは楽しそうに、丁寧に体験していました。微笑ましい姿に思わず笑顔になります。

DSC03368.JPG

2種類のヤスリで調整します。

DSC03370.JPG

乾いたタオルで磨いて完成。この肌触りとぬくもり、香りは秋田杉部(ZAC TOKYO)的にはたまらない感覚です。

DSC03372.JPG

去年、帰郷してから何度か体験工房に行ったものの、なかなかTRY出来ずにいて、やっとこのタイミングで体験出来ました。
憧れの秋田杉~曲げわっぱのMY弁!!なんて贅沢なんだろうと職場にお弁当を持っていくのが待ち遠しい日曜日でした。
大館市の伝統工芸品を自ら体験し、地元のお米・野菜などで作るお弁当を食す。食の在り方をまじめに考えて、でも楽しくて嬉しい・・・・HAPPY弁。同級生と同級生のお子さんと3人で、「このお弁当でお花見に行こうね」と約束をしました。
G/Wが楽しみです。
同級生のお子さんが今年9歳になって、10年後19歳でも使っててほしい。20年後、もしかしたら親子で共有しているかも・・・などど、大館の伝統が一つの家族内に受け継がれるのをイメージすると心が温まりました。

大館曲げわっぱ体験工房の佐々木さま、スタッフの方々、ありがとうございました。

小林照美

今日は、コピーライターをされている小原さんがいらっしゃいました。
湯沢出身、秋田市在住、ボランティアで大館にいらしたそうです。
夏の大館展を過去2回観賞されてるそうで、ゼロダテのAWAN [秋田若手アートネットワーク]を見て、
今日ZACにいらっしゃいました。

ちょうどアメッコ市での発表会に向け「街歩きマップづくり」の追い込みに入ってて、キャッチコピーに
頭を悩ましてたところだったので、すごいタイミングに松村さんと驚きつつ、喜び!!色々とお話をしました。
「ゼロダテマジック」な日です。

DSC03357.JPG

冬期もOPENしているZACに、こうしてお客様がいらっしゃる。とても嬉しい限りです。
小原さん、お越し頂いてありがとうございます。


小林照美

中村さんが10月以来の大館帰省。
ZACで2011年の「ゼロダテアートプロジェクト」の説明が終わって、その後のお食事会はお決まりの
「からすの森」へ。ゼロダテが2007年からお世話になっているお店です。

DSC03356.JPG

みなさんでワイワイ中、今年ウサギ年の中村さんが「今年はうさぎちゃんだよ」と、
みなさんで爆笑。
久々の中村さんワールドは癒し満載です。

大笑いの声と笑顔いっぱいの一時でした。

からすの森のマスター、女将さん、温かいサービスありがとうございました。

小林照美

1/3 新年初のゼロメシは、「ビアカフェあくら」にて、参加者10名にて楽しみました。

DSC03352.JPG

醸造長、長谷川さまのお任せコースはビール各種とお料理を堪能でき、リーズナブルでより会話が弾みました。
当日の予約にも関わらず、ご親切に対応頂きましてありがとうございます。

DSC03351.JPG

DSC03353.JPG

霰(アラレ)が降り積もる中、ご参加頂いたみな様、ありがとうございました。

前日の急なお願いに柔軟に対応頂いた、casane・tsumugu -かさね・つむぐ-  の田宮さん、ありがとうございました。情熱的な存在にいつも刺激を受け感謝しています。
時に、ZAC TOKYOで、時に大館市で、そして今回は秋田市で会う。理想的な行動の形です。
こうして、AWAN(アキタ若手アートネットワーク)が広がっていくのは非常に嬉しいです。

大館市から始まった、ゼロダテが市外へ県内へ東京へ本格的に活動する2011年・・・STARTです。

小林照美

1月3日秋田市へ新年のご挨拶まわりの前に、以前から気になっていた「秋田県北秋田市阿仁根子」へ寄ってみました。

トンネルを抜けると・・・そこは

DSC03342.JPG

DSC03345.JPG

にほんの里100選より
国重要無形文化財に指定される郷土芸能「根子番楽」を継承する里。かつてのマタギの中心地で、今でも山菜やきのこ採りなど、森と密着して生活する人が多い。根子集落の街並みや阿仁異人館など、歴史的建物も所々で見られる。

この日は雪がしんしんと降っていて、雰囲気たっぷりの山里景色に、ただただ魅了されました。

DSC03329.JPG

子供の頃から染み付いている感覚。ゆっくりと降る雪の物静かさは、心が穏やかになって落ち着きます。
銀世界のあたたかさ。雪国の美しさの一つだと思います。

DSC03334.JPG

DSC03331.JPG

DSC03336.JPG

根子番楽の衣装が飾られてました。

DSC03340.JPG

夏になったら、子供たちの遊び声が聞こえてきそうな山の川もありました。

DSC03338.JPG

消防機具の前にはお正月のお供えが。
里をまもる消防車への住人の姿勢が伝わります。

DSC03337.JPG

秋田出身なのに知らなかった土地が、まだ他にもたくさんあって、今だから知りたくなる「あきた」に今日も嬉しくなった1日でした。


小林照美

2010.12.31、今年最後のZACでの交流会はまったりな感じで行いました。

DSC03303.JPG

エストニアの写真家、クリスタさんもお越しになりました。
差し入れ「きのこのハーブ漬」
シャキシャキとした新触感・ピクルスに近い味で美味しかったです。

DSC03306.JPG

そして、ゼロダテ/大館展2010の成田実行委員長の差し入れ「チーズフォンデュ」

DSC03309.JPG

大人気であっという間に完食!!ごちそうさまでした。
他にも、差し入れをたくさん頂きました。
街歩きマップづくりから参加頂いている、石田さんのアイスケーキや
三ッ倉さんの研修会から参加頂いている、小野さんの手作りピザとベーグルなどなど。
一人ひとりのお気づかいに感謝です。温かく楽しいパーティ、最高でした。

そして、毎年恒例のカウントダウンをして、みなで乾杯し、お寺へ行き、鐘を叩き初詣へ。

217711504.png

お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。
2011年が皆さまにとって、素敵な1年になりますように・・・・

ゼロダテアートプロジェクトを本年も
どうぞよろしくお願い申し上げます。

小林照美



2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30