2012年4月アーカイブ

ご無沙汰しております。トモローです!

前回のblogからだいぶ(かなり)間が空いてしまいました・・いやはや ^^;

春を呼ぶ冬の風物詩「大館アメッコ市」が終わってもしばらく厳しい寒波や強風に見舞われましたが、
駆け抜けるように3月が過ぎ、4月も終盤に差し掛かると ようやく大館にも春の陽気が差し込むようになりました。

2月25日から3月25日に掛けて行われた「文部科学省ワークショップリーダー人材養成研修」では、
講師にEPIPHANY WORKSから林口砂里さん等をお招きし、
研修生として参加したアーティストやデザイナー、ピアニスト、コピーライターなど
多彩なクリエイターが協働し3月16日に大館市立東中学校の美術部のみなさんとワークショップを開催!

学校教育では補いきれない自由な発想や、他分野とのコミュニケーション、また「考えるとこ」に重点を置き、
大館で歌い継がれてきた「わらべ歌」の継承を題材として、
いかに故郷を「我がこと」として捉えられるか
またこれからの大館を担う子供たちに、どうしたらこれを分かりやすくアプローチできるかを
試行錯誤しながらコーディネイトしました。

DSC03887.jpg

実習であるワークショップは「オトを紙にオトしてみよう」と題され、
グループごとにわらべ歌のもつ言葉の響きやリズム、メロディーからキャッチコピーを考案、
色紙に自由に表現するという 様々な科目、多彩な表現をふんだんにちりばめたものとなりました。

DSC_2805.JPG
はじめはピアニストの高山さんによる「わらべ歌」のアレンジメドレー!イメージが膨らみます。

DSC03925.jpg
そしてコピーライターの小原さんによるコピーライティング講習会。

DSC_2872.JPG
協力しながら「オトを紙にオトす」!とても短い時間でしたがみんな頑張りました!


またワークショップの前後には講義・演習を設け
林口さんによる「アート・コーディネート、マネージメントについて」、
中村政人さんによる「社会に変革をもたらすアートとそのプロセスについて」、
弘前大学教育学部教授の北原啓司さんによる「街歩きのススメ」
(こちらはアーカイブをご覧頂けます!)
など様々な視点からワークショップや教育、アートに関する知識を深めました。

DSC08463.JPG

1ヶ月余のとても短い期間で行われた研修ですが、中身がぎゅっと詰まった有意義なものとなりました。
この事業は今後も継続的に開催いたしますので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね!

294940_274358592639576_100001963134541_640545_267095438_n.jpg
皆で記念写真!


いやぁ〜、今年の冬は寒くて実に長かった!
桜はまだ咲きませんが、待ちに待った出会いの季節に、おのずと心も躍ります。

今年度はゼロダテ、更にパワーアップして(blog更新も)頑張りますよ〜
乞うご期待!です^^





2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30