秋田の雪まつりin有楽町

1月12,13の両日に行われる秋田の雪まつりin有楽町に参加するため、
総勢20名の根子番楽保存会の方々と共に東京に向かいました。根子番楽の皆さんにはいつもお世話
になっていて、いつも楽しく集落の行事に参加させて頂いております。子供から大人ま
で本当に仲が良く、保存会にはいつも笑顔が溢れています。

道中の車内では酒盛りが始まります。
皆さんよく呑む。
呑んで寝たら移動時間も気になりませんね。
車で約12時間。特に冬は秋田の中でも東京に一番遠いのがこの阿仁周辺の地域ではない
でしょうか。


IMG_5948.jpg

さて、翌日無事に有楽町に到着しました。
かまくらや犬っこなどの雪像が町行く人の足を止めます。
わざわざ秋田から雪を運び作ったそうです。


IMG_5958.jpg

こちらは内陸線のブース。
バター餅を大々的にPR。その横にはゼロダテの内陸線アートのポスターが展示されています。
結構な売れ行きでした。さすが全国ご当地おやつランキングで4位になるだけのことはある。

IMG_5967.jpg


秋田県内津々浦々の食べ物や伝統工芸品など、秋田に行かなければ買えないようなものも
たくさん売られています。

IMG_6005.jpg


子供たちは楽しいに違いない。

IMG_6037.jpg

なまはげ太鼓。
なまはげを見て怖いと思う大人は心に疾しいことがあるだからだそうです。
でも、やはりこのお面は怖いですよね。

IMG_6531.jpg


秋田のイメージアップソングを歌う青谷明日香さん。
『うつくしい秋田』『あんべいいな』の2曲、オリジナル曲を1曲披露されていました。
いい歌声です。無料でCDも配布していました。
秋田県頑張っております。

IMG_6057.jpg


さてさて、いよいよ根子番楽の登場です。
今回のイベントの演目は『露払い』『信夫太郎』『鐘巻』『曽我兄弟』。
根子番楽には何度見ても惹き付けられる魅力があります。
それは保存会の人々と接すれば接するほど強く感じます。
自分たちの地域の伝統を守り残すことは生まれた場所に対する敬意であり、誇りです。
それを番楽によって大人から子供へ伝えて行きます。
東京に住む人にこの根子番楽の素晴らしさがどれだけ伝わっているか。
これだけ多くの方々が見に来るということは、もしかしたら多少なりとも伝わっているかもしれません。


IMG_6167.jpg

IMG_6391.jpg

IMG_6397.jpg

IMG_6626.jpg

IMG_6209.jpg

IMG_6601.jpg

東京にいてこういったイベントに参加することと、秋田から来て参加することとでは
全く違った経験になるはずです。根子番楽の皆さんに感謝するとともに、このイベント
に参加し、秋田に行きたいと思った方が一人でもいれば有り難いです。


yoma


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31