2013年10月アーカイブ

赤湯フェス2013

今年で3回目となった赤湯フェス。いつもは夏のお盆の時期に行っていましたが、今年は10月19日、開催期間に合わせて初の秋開催でした。

連続するイベントと展示などと一緒の期間の開催ということもあって人手不足やぎりぎりまであまり準備できない状況が続いてしまいましたが、なんとか間に合いました。

th_DSC_8341.jpg

例年同様に赤湯の主人、片岡さんの挨拶からスタート。毎回、中村さんが赤湯への想いを綴った文章を読み上げて聞かせてくれます。

th__PAN3883.jpg
Photo by PAN-NU

トップバッターは急きょ出演決定した信長。
甲冑を身につけての登場。ばっちりキマってます。

打ち込みも使って今年は盛り沢山な演出。

th__PAN3899.jpg
Photo by PAN-NU

途中から何やらダンサーの仲間たちが登場。バズーカも発射されて一気に祭りムード。

続いては大館曲げわっぱ太鼓の子供たちと、大沢しのぶさん。

th__PAN3921.jpg
Photo by PAN-NU

th_DSC_8434.jpg

太鼓を周りに配置しての迫力ある演奏。拍手が沸き上がりました。

th__PAN3969.jpg
Photo by PAN-NU

続いて、昨年は二人組女子高生のユニットとして参加し、話題を呼んだスカイマリンのボーカル、紗良さん。持ち前の伸びやかな歌声は矢立峠中に響き渡りました。今年のテーマソングにも参加してもらい曲まで提供してもらいましたがそのCD収録の曲「温泉のうた」をゲストの仲間たちを呼んで演奏。賑やかなステージでした。

th__PAN3983.jpg
Photo by PAN-NU

みんな楽しそう。

th_DSC_8501.jpg

続いて、takoの登場。

th__PAN3998.jpg
Photo by PAN-NU

ボーカルの武田あかりさん。

th__PAN4001.jpg
Photo by PAN-NU

ギター、高坂翔君。

今回は、バックバンドとして、ベースに松木俊郎、ドラムに脇山広介を迎えての演奏もあってか二人とも伸び伸びと楽しそうに歌ってました。

th_DSC_8519.jpg

この日はフードコーナでは北秋田市から「オープンガーデン 森のテラス」さんらが自分のとこの畑で収穫した無農薬野菜などをふんだんに使用した料理を提供。

th_DSC_8504.jpg

色とりどりで美味しそう。実際に食べましたが、新鮮でほんと美味しかったです。

販売は「秋田キャンパスネット」の学生さんたちが頑張ってくれました。

もうひとつのブースでは大館のご存知、ゼロダテ行きつけ率No.1居酒屋「大館からすの森」のひろくんが肌寒い秋にぴったりのあたたかい豚汁をせっせと作ってくれました。

th__PAN4114.jpg
Photo by PAN-NU

からすの森、ひろくん。

続いては昨年に続いて2度目の出演の野崎有真君。

th__PAN4035.jpg
Photo by PAN-NU

ギター1本でお客さんを巻き込んでの弾き語りはいつもすごいなあと思います。
MCでも会場のひととの掛け合いで楽しませてくれていました。

th__PAN4091.jpg
Photo by PAN-NU

ここらあたりから踊り始める人がだんだんと増えてきました。

th_DSC_8664.jpg

さて、つづいては赤湯フェスというかゼロダテコンサート常連のシーナアキコと薔薇の木。

th_DSC_8659.jpg

th__PAN4146.jpg
Photo by PAN-NU

th__PAN4127.jpg
Photo by PAN-NU

バンマスリーダーのシーナアキコ。

ドラムの広介、マッキンこと松木俊郎のリズム隊に加え、秋田初上陸のギタリスト、ハイジ君。

th__PAN4145.jpg
Photo by PAN-NU

ギターの似合う男ハイジ。フェスっぽい雰囲気が漂ってます。

th__PAN4204.jpg
Photo by PAN-NU

今回はまたまカホンプロジェクトのメンバーが来てくれて楽器作りワークショップも開催し、なんと木琴作りもありました。
赤湯では特別に青森県産のヒバの木で作りました。自分は参加できないので、家族に頼んで作ってきてもらいました。いい香りがするかわいい楽器です。

th_NEC_1697.jpg

おおくぼひでたかの手作りスタンプでエコバッグ、コースター作りワークショップも大盛況でした。

th_DSC_8726.jpg

th__PAN4243.jpg
Photo by PAN-NU

正札竹村の包装紙で作った灯籠が灯る頃、今回の赤湯フェスのスペシャルゲスト、ビューティフルハミングバードのお二人が登場。

th__PAN4239.jpg
Photo by PAN-NU

th__PAN4216.jpg
Photo by PAN-NU

ボーカルの小池光子さん。

th__PAN4218.jpg
Photo by PAN-NU

ギターのタバティさん。

アットホームな二人の雰囲気に、大自然の中で聞くその音楽と歌声は本当に気持ち良かったです。
初の秋田ライブとのことで、わざわざ秋田の端っこの赤湯にまで足を運んで下さって本当に感謝です。

th_DSC_9116.jpg

さて、ブログも長くなってますが、最後に自分の出番で終了するのでもう少し辛抱を。
日も暮れてきて灯籠がいい感じ。

演奏がスタートし、自分は旅館側から登場して音響さんのとこでまずは歌いました。

th__PAN4249.jpg
Photo by PAN-NU

1曲目はギターも持たずにハンドマイクで、やりたい放題させて頂きました。
冒頭でちょっとステージ下に落ちそうになってヒヤリとしましたが運良く持ちこたえ、念願叶って、ステージの屋根の上にも登ることができ、それで満足です。屋根の上をよく見ると登ってます。笑

th_DSC_8847.jpg

th__PAN4285.jpg
Photo by PAN-NU

th__PAN4289.jpg
Photo by PAN-NU

タバコジュースのギタリストでもあり、今回ワークショップや美術展でも展示をしてくれたおおくぼひでたか。

th__PAN4286.jpg
Photo by PAN-NU

th_DSC_9183.jpg

最後に今年のテーマソング「風は吹いた」を演奏し、後半はだれでもステージへ上がってきて歌いましょうと言ったらいっぱい来てステージ上が大変なことに。
本当に大合唱になって面白かった。メンバーの楽器を演奏する場所がないです。笑

th_DSC_9210.jpg

th__PAN4320.jpg
Photo by PAN-NU

そのままステージで記念撮影。どんなノリのライブなんだ〜。


th__PAN4300.jpg
Photo by PAN-NU

あっという間に終了した今年の赤湯フェス。
個人的な想いを述べると書ききれないのですが、こうして会場にいる方が楽しんでくれて笑顔になってくれるのは嬉しいしやってよかったと思える瞬間です。
赤湯に始めて訪れた人もいて、そういう人がまた赤湯に戻ってきてくれたらさらに嬉しいなあと思います。

片岡さんがまた笑顔で迎えてくれるでしょう。

th__PAN3884.jpg
Photo by PAN-NU

協力してくれたみなさん、参加してくれた出演者、関係者サポートスタッフのみなさん、音響のウチカワサービスさん、赤湯、片岡さん、今年もありがとうございました。

来年は??ということですが、正直なところまだわかりません。
ライブでは出演者として発散させてもらいましたが、主催側としてみると今年は特に、至らないところ、問題点がありすぎて今もまだ色々考え中です。


と、今はそんな感じですが、もしもまた開催するようなことがあればその時はまたどうぞよろしくお願いします。

開催云々は別として、赤湯の温泉にはちょくちょく浸かりに行きたいと思います。

追伸:今回のブログでは、自転車で日本一周している旅人のぱんぬさんがたくさんの素晴らしい写真を提供してくれました。ありがとうございます。


写真:PAN-NU、松渕
テキスト:サイトウ

根子フェス

10月6日(日)に初の試みとなる北秋田市阿仁にある根子トンネル内でのパフォーマンスイベント「根子フェス」が開催されました。
th_DSC_7106.jpg
集落のかたの大切な生活の交通路であるトンネルを通行止めして開催するということで、以前から自治会はじめ集落の方々、根子番楽の方々、北秋田市役所、警察署のご理解とご協力を得てこの度ついに実現することができました。

使用してるトンネルでのイベントは全国的にも例があまりなく、許可をとるのも大変でしたが、いざ、開催となってからは当日まで様々な関門がありました。

なんとか開催日当日を迎えた当日は、トンネル内に設置する中村さんの作品の設営で男スタッフがひたすらがんばってました。
電源ももちろんなく、トンネル両入口に発電機を1台ずつ用意し、そこから電源ケーブルをひたすら中に引っ張るので、このフェスのために電源ドラムを500メートル分用意しました。その数、実に30個!

th_DSC_7094.jpg

ユニック車で運んできての設置。準備中も何度か車が通るためその都度移動しながらの作業。さて、これがどんな効果を生むのか。

th_DSC_7115.jpg

本番が近づいてくるとお客さんや集落の住民のかたが続々と集まってきました。
みなさんこれからはじまる未知の世界にワクワクしてるような、、

th_DSC_7133.jpg

機材トラブルで20分ほどおくれてしまいましたがいよいよスタート。
ゴーっという音とともにトンネルの奥から光が。

走る軽トラックは途中で誰かをおろしそのままトンネルを突っ切って観客のほうへ。
なんと、運転手はこのフェスの演出を務めた中村さんでした。

th_DSC_7152.jpg

暗闇の中、人気キャラクターのシルエット。誰なのかはまだわかりません。
光るスティックをばらまきじわじわと観客の方へと近づいてきます。

th_DSC_7171.jpg

th_DSC_7185.jpg

中から出てきたのは舞踏家の池宮中夫さん。
お客さんも移動しながらトンネルの奥へ。音楽がかかり、池宮さんは踊りながら最初のスペースへ。吊るされたロープを使い踊る。

th_DSC_7203.jpg

th_DSC_7210.jpg

どんどん登っていき、まるで空中を飛んでるような迫力のパフォーマンス。

th_DSC_7259.jpg

あっというまの時間は続いて、OPENdAN(オーペンダン)に引き渡されます。

th_DSC_7323.jpg

本来はこの日、映像を用いたプロジェクションも行う予定でしたが、電源関係のトラブルで使用できなくなってしまいましたが、音楽を奏でる二人の女性、、その音楽とともに行われたパフォーマンスに拍手が沸いていました。

th_DSC_7373.jpg

トンネルの向こうからは何やら銀色に光る風船が。。ほんと宇宙っぽい空間。

th_DSC_7367.jpg

th_DSC_7477.jpg

オーペンダンがおわり、さらにトンネルの奥へ奥へ。

th_DSC_7484.jpg

th_DSC_7511.jpg

たくさんのお客さん。その中から一人の男の人が前に出て動き出しました。

th_DSC_7488.jpg

根子フェスのトリを務めたダンサーのKENTARO!の登場です。

th_DSC_7548.jpg

トンネルに響き渡る音楽とKENTARO!さんのダンス。

th_DSC_7540.jpg

ステージには中村さんの作品がさらに空間を特別な物にしていきます。

th_DSC_7594.jpg

th_DSC_7625.jpg

迫力のパフォーマンスに圧倒されました。

th_DSC_7651.jpg

圧倒的な凄み、存在感、世界レベルのダンスを秋田のこの根子トンネルの中で見れるということがいまだに夢か現実か不思議な感覚にとらわれてしまいそうでした。


このトンネルでなにかやりたいね、という何気ない願望が、こういった形で実現し、暗闇の中で手探り続きだった日々が、この根子フェスを無事に終えれたことによって、根子トンネルを抜けたときのあの美しい根子集落の風景のように光が射した感覚がありました。


主催側としては、反省を言えばきりがないほどですが、厳しい条件のもと出演者してくださった方々、協力、応援して下さったすべてのかたに感謝します。ありがとうございました。

さて、来年ゼロダテが根子でできることは何か、また新たに考えていかなければいけません。

余談ですが、この日のフェスが終わった後に、迂回路の林道を最終確認で車で廻っていたらクマと遭遇しました。真っ黒な人みたいなものが軽快に動いてると思ったらクマ。
向こうもびっくりして、すぐさま急な崖を一気に駆け上っていました。
そんなことがさらにこの日を特別なものにした気がします。


テキスト:サイトウ
写真:松渕

1374781_525586857532286_1298681413_n.jpgのサムネール画像
北秋田市鷹巣会場のキタキタで滞在制作しているレジデンスアーティスト・デザイナーの小枝です。
展示会レポート2回目です。今回はアーティストの日比野克彦さんのライブペインティングにアシスタントとして参加させて頂いたのでレポートします!

日比野克彦さんのライブペインティングが、10月22日(火)12:00〜旧正札竹村の屋上にて行われました!http://zero-date.org/2013/?p=392未来芸術家、遠藤一郎さんも友情参加されました!

8階建ての屋上。地上から30メートルの高さです。いや、高いです!高い! そしてこの日は風も強い!

kk001_600.JPG

直径4メートルの丸い看板をキャンバスに「時計」を描くと言う日比野さん。
最初に文字盤の「6」の所に「札」が描きみ始めました。これって「正札」の札ですね...?

kk002_600.JPG
貴重です。作業風景を間近にして見られるなんて。至近距離で撮影させてもらいました。

kk003_600.JPG
遠藤一郎さん。日比野さんの作業の補助をされています。
2011年には同じ場所で遠藤さんがペインティングをしています。遠藤さんから日比野さんへバトンタッチ!

足場が組み込まれて画面の全体像が見えなくて難儀な作業。この日は風もありました。秋田の10月は寒いです。決していい環境ではないですが、そこは流石の日比野さん、なんてことなく(のように見える...)進められていきます。

順列が逆の数字が文字盤に描き込まれていきます。

kk004.JPG

「5」が正、「6」が札になっています。

kk2006.JPG
地上で確認する日比野さん。スタッフの知らないうちにいつの間にか降りていて、みんなで気が付いたときは手をふってくれました。(笑)

kk007.JPG
茶目っ気ある日比野さんで時おり笑いが生まれていました。針は何処を指すんだろう?というスタッフ、遠藤さんの疑問に「...まぁ、正札だろうね」とあっさりと答えたので、思わず笑ってしまいました。
いい意味で力を抜いているところが、ほんとクールです!(笑)
PA008.JPG
いよいよ最終段階に入るとぴりっとした空気に変わりました。
数名のスタッフと地元の新聞記者の方々が見つめます。

PA009.JPG
針を描き終えて完成です!
時計、というテーマにしぼって数字、文字のみを描いた所に潔さを感じました。

赤い文字盤の時計を「よみかえる時計」とタイトルを付けて新しい正札のマークを完成させました!大館の街の中心にある日比野さんの時計文字。時計台というテーマもあるそう。針は「正札」を指しているから「正札」を軸に新しい時間を回すような意味合いも感じます。正札の再生プロジェクトも含めたゼロダテの取り組みやスタッフにエールを送って頂きました。
約2時間半。日比野さん、おつかれさまでした!

kk_1636_600.JPG

個人的には「大館」という街は父親が生まれ育った街なので、秋田と言えばここ大館であり、シンボル的な「正札竹村」というデパートの新しい看板に少しでも筆を入れて携われて感慨深いものがあります。
アーティストとしても、日比野さん、遠藤さんの背中を見て...いいものを吸収出来てほんとに充実した今回のイベントでした!

テキスト&写真 小枝薫


正札の再生プロジェクト!
ゼロダテの正札再生計画のトークディスカッションが26日に行われます!

トークディスカッション「正札竹村をアートセンターに」(仮)
日時:10月26日(土) 15:00-16:45
開催場所:大町ふれあい広場
ゲスト:中村政人(ゼロダテ ディレクター)
金田充弘(東京藝術大学 准教授/構造エンジニア)
東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻 学生
http://zero-date.org/2013/?p=401


==============
ライブ映像がUSTREAMアーカイブで見られます!
USTREAMライブ中継
Part1 http://p.tl/PNOV
Part2 http://p.tl/NvGJ

1374781_525586857532286_1298681413_n.jpg

北秋田市鷹巣会場のキタキタで滞在制作しているレジデンスアーティスト・デザイナーの小枝です。


昨日は大館会場に遊びに行ってきました!
大町商店街の旧金澤家具店で開催されている「わくわく秋田」http://zero-date.org/2013/?p=329で、ナベパーティーが開催されているそうなので、どきどきしながら足を運んでみると...。

kk01.jpg
入り口でもうすでに宴会が始まっていました!(笑)すでに賑やかです。

kk02.jpg
中に入ってみるとアーティストがたくさん集まっていて、写真のようなノリで迎え入れてくれました。大館のおじいちゃんの家に遊びに行ったときの歓迎っぷりを思い出しました。まさにそんな田舎でアットホームなもてなし感が温かくって楽しいです。

わくわく秋田では様々なアーティストの作品が展示されています。
信長が丁寧にひとつひとつ案内してくれました!ありがとうございます!
今日はほんの一部ですが紹介させて頂きます。

kk02_2.jpg
田中康晃さんの作品。
他にもカウンセリングルームのような部屋もありました。田中さんがご不在の場合は信長が代わってマッサージしてくれたりします。
お言葉に甘えて肩をもんでもらいました。(笑)


kk03.jpg
2階へとつづく広い空間には、ゼロ展でも参加されていていた、半沢政人さんの作品。なんて繊細な技術!紙が生き物や花に見えます。


kk04.jpg
秋田県大館に住む18歳の女性シンガーソングライター沙良さん。つぶやきと写真を合わせた作品。歌い手としての沙良さんと、ごく普通の女の子としてのつぶやきが、詩のよう。


kk05.jpg

kk06.jpg
広島の島から来た山野勇気くん。いろんな人に描いてもらう絵日記。
生口島という島出身の彼ですが、その島で2013年の夏にひと月限定のイベントがあり、実は私もレジデンスで参加していていました。私にとって山野くんは初めて見た島の人「第一島人」だったりします(笑)
遠藤一郎さんに連れられてはるばる秋田まで来てくれました!
先輩のアーティストに触発されて今回の発表です!


kk07.jpg
自転車で手紙を届けながら日本一週を目指す旅人、ぱんぬさん。
「旅人ふたり展」歩いて日本一周を目指す旅人、ひろしさんとの展示も必見・必聞です!


kk08.jpg
どくろ興業の酒井貴史さん。
土偶の格好をしながら炊飯器の白米を食べる、という図が面白かったので1枚。
kk09.jpg
どくろ興業は別会場(旧ボンジュール)http://zero-date.org/2013/?p=408で開催されています。

帰り際、「ブログ書いてくれる代わりに何か持っていっていいよ!」と言われ、NHKのタオルを頂きました。(笑)以前あさイチでゼロダテが取り上げられた時にもらったノベルティものですよね、こんな貴重なものを...!
ぶつぶつ交換所もやっています。自分の持っている物と交換所の物を交換できるのです。物質的でなくても、わくわく秋田のツイートだけでもいいみたいなのでみなさんも是非足を運んでみてください!

テキスト&写真 小枝薫

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わくわく秋田
2013年10月4日(金)~ 10月27日(日)
時間:10:00 - 18:00
会場:金澤家具店(大館市大町商店街)
展覧会:無料 参加•滞在:無料
http://zero-date.org/2013/?p=329

『ゼロダテ美術展 2013』大館会場を少しずつ紹介しております。

今回は、"JR大館駅・御成町二丁目エリア" の一部をご紹介('v')ノ

はじめは、音楽家 シーナアキコさんの展示。[会場:木村ビル3F]

スピーカーブランド「TONO wood products」とタッグを組んだというこちらの展示は、目でも耳でも楽しめます。

おしゃれなスピーカーに囲まれた真ん中の特等席に座ると 
いろんな音がする楽しい音楽と、とってもいい音に体が包まれる素敵な感覚を味わえますよ♪

DSC_1037.JPG

DSC_1036.JPG


つづいて、同じビルの2Fにあるのは
美術家 飯田 竜太さんの作品。[会場:木村ビル2F]

天井から流れ落ちる滝のような細い紙!
実は、表紙だけ残して本の中身を細く切ったものなんです。

驚きの空間をぜひ!

DSC_1028.JPG


 
御成町2丁目エリアからもうひとつ。

美術家 林 加奈子さんの作品。[会場:大館商栄協同組合 駅前朝市市場]

こちらの映像作品。林さんが大館のいたるところをなんと "でんぐり返し" で進んでいくというもの。

大館に詳しい方なら「あの場所だ!」とピンとくる方も多いはず!

DSC_1041.JPG

もうひとつの映像作品は、林さんの着ている赤いニットが・・・。あとは、ぜひみにいらしてくださいね♪

DSC_1042.JPG

『 ゼロダテ美術展2013 』 も残すところ1週間!みなさま気軽にお越しください('v')ノ

ゼロダテ美術展2013 大館会場を少しずつ紹介しております。

今回も"大町商店街エリア"です。


映画作家 波田野 州平さんの作品。[会場:イトウビルド管理ビル]

こちらの作品は、"ヘッドライト"を装着するところからスタート!
暗闇の中、ヘッドライトの明かりだけを頼りに赤い糸をたどって、ひとつひとつの言葉を読み進めていきます。後半には、映像インスタレーションも。
暗闇でライトに照らされるシンプルな言葉のひとつひとつが不思議で、楽しくて、興味深いです。
1373955_218613601647971_940599049_n.jpg

1369168_218613594981305_35538818_n.jpg

20日(日)には、波田野 州平さんの最新作 映画『断層紀』の上映とトークが同会場で行われますよ!
 
 


続いて、アーティスト金藤みなみさんの作品。[会場:河田氷や]

こちらの素敵な絵。描かれているのは なんと氷屋さんの壁!
1388750_217581551751176_761727509_n.jpg

また、金藤さんは 北秋田市鷹ノ巣会場でも毎日『誰とも違う話』を開催しています。[会場:旧夢屋]
ぜひ、鷹ノ巣会場へも足をのばしてみてくださいね♪
 
 
 

そして、美術家 藤 浩志さんの作品。[会場:山国ビル1F]

奥行きのある空間に痩せた犬たちが点々と・・・。
犬たちの痩せた体や表情から伝わってくるものがいろいろあります。
1388127_219277918248206_887995746_n.jpg

1235424_220009978175000_2127183885_n.jpg

1384797_219269568249041_1969950943_n.jpg

『 ゼロダテ美術展2013 』は、まだまだイベントも盛りだくさん!

みなさま ぜひお越しください('v')ノ

10月4日から始まった 『ゼロダテ美術展2013』 も後半にさしかかりました!

大館会場は "JR大館駅・御成町二丁目エリア" と "大町商店街エリア" の2つのエリア・43か所に作品が展示されています。

今回は、そんなたくさんの作品の中から、大町商店街エリアを少しだけご紹介します('v')ノ


まずは、和菓子職人 藤丸阿弥さんの『茶房芋庵』[会場:ZAC]
http://zero-date.org/2013/?p=357

毎朝花を生け替え、炭をおこして しつらえられた白いお茶室。
そんな素敵な空間で、阿弥さん手作りの地元食材"山の芋"を使った和菓子と抹茶がいただけますよ♪ 会期中(10月27日まで)営業しています。
1370442_217255551783776_258956375_n.jpg
そして、10月20日(日)は藤丸阿弥さんの山の芋を使ったお菓子作りワークショップ 『芋コレ』 があります!
終了後はお茶をしながらお菓子を楽しめます。予約制ですので詳しくは、こちらをご覧ください。
http://zero-date.org/2013/?p=385

続いて、おおくぼひでたかさん の作品。[ 会場:旧ボンジュール ]

カラフル!そして、カワイイ!窓越しの光と白いタイルで、雰囲気あるカラフルさが映えます。
1388021_217249395117725_958685044_n.jpg

1376879_217249401784391_718051141_n.jpg

これからまた、少しずつ会場をご紹介していきます。

みなさまぜひゼロダテ美術展2013へお越しください('v')ノ



2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30